全防連について- 一般財団法人 保安通信協会/補助・助成事業等 -

一般財団法人保安通信協会 特定寄附金事業

令和元年度は特定寄附金で下記の事業を行いました。

事業名
令和元年度次世代防犯ボランティアリーダー育成事業
 
事業の内容
 令和元年6月17日(月) ~ 18日(火)、 東京都のホテル東京ガーデンパレスにおいて、「令和元年度次世代防犯ボランティアリーダー育成プログラム事業研修会」 (第1回目) を開催いたしました。
 この研修会は、次世代のボランティアリーダーとなる大学生等若い世代の防犯ボランティアを対象に、平成24年から、各地域の防犯ボランティア団体と連携し、地域住民の防犯意識・自助能力を高め、今後の防犯活動がさらに活性化されることを目指し実施しております。
 2年ごとに47都道府県から研修生を募集しており、今回の講習では、北海道・青森県・岩手県・東京都・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・富山県・石川県・福井県から36名が受講しました。 
 講義内容は、当連合会田中専務理事による 「犯罪はなぜおこるのか~原因の把握と解決」、NPO法人日本ガーディアン・エンジェルスの小田理事長他(メンバー10名)による 「防犯パトロールの実践講座」、ソフトバンク㈱CSR統括部の鈴木氏による「特殊詐欺対策の防犯機器について」、兵庫県立大学環境人間学部竹内准教授による「スマホ時代の子どもたちのために」、摂南大学法学部中沼教授による「ジョギングパトロールの実践講座」(自由参加)と、すごろくを使った「青パト活動と子どもの見守り活動」について学びました。
 今年度から、講義内容をリニューアルし、充実した2日間となりました。
研修会の様子(写真)
※次回は、令和元年11月18日(月)~11月19日(火)に開催いたします。