−薬物の乱用防止−

■薬物の乱用防止

少年の世界に覚せい剤やMDMAなどの合成麻薬の乱用が広がっています。覚せい剤、MDMA、シンナー等の薬物乱用は、乱用者の心身を蝕むばかりでなく、大切な家庭を崩壊させる事態も招きます。さらに乱用による幻覚や妄想から、殺人、放火などの凶悪犯罪や悲惨な事故を引き起こします。その害悪は計り知れません。

薬物の汚染拡大は、その供給元である犯罪組織(暴力団、マフィア)に多大の利益をもたらします。

全防連は、覚せい剤などの薬物乱用防止活動を重点事業の一つとし、ポスター、冊子、ビデオの製作などによる広報啓発活動を行っています。

■薬物乱用防止ポスター
毎年、薬物乱用防止のためのポスター、冊子を制作しています。

■青少年のための薬物乱用防止 冊子

青少年のために薬物乱用防止冊子を作成し、広報啓発活動を行っています。

■薬物乱用防止ガイドブック
■薬物乱用防止冊子 A4判
B5判
▲ページのトップにもどる